怠惰なゆっくり

【第2夜】ねえ!!世界のスマホ市場で何が起きてたの!?

f:id:lutenist314:20180922154630j:plain

日本が東洋のガラパゴスと呼ばれて幾星霜。

日本独自の機能がばちこり搭載されたガラパゴスケータイ=ガラケーなんて概念も登場して久しいですが、ぶっちゃけ日本のガラパゴスっぷりはスマホ全盛の2018年も続いています。

「なんか最近スマホでかいなー」とか、「なんか縦長だなー」とか思いませんか。

実は日本人がキャリアからスマホを割賦割引で購入している2年間で、世界のスマホ市場ははちゃめちゃに変化していました。

別に知らなくても問題ないスマホ小話、第2夜は「激動の2016年~2018年 世界スマホ事情」を追ってみたいと思います。

 

 

2016年 スマホ過渡期とデュアルカメラ

 

f:id:lutenist314:20180922162420j:plain
f:id:lutenist314:20180922162259j:plain
iPhone7/7Plus



 

iPhoneで言うとiPhone7が発売した年。

スマートフォンと言えばこの形状、というスタンダードなものが多いです。

まあ2年前なので当時革新的であってもスタンダードになっているのは当然なんですが。

 

f:id:lutenist314:20180922162624p:plain

そんな中でもトレンドの波は見て取れます。

中華スマホの雄、Huaweiがドイツの老舗カメラメーカーライカとコラボしたデュアルカメラを搭載する『Huawei P9』をリリース。

iPhoneの後追いメーカーという印象が拭えなかったHuaweiが一気に独自色を打ち出します。

iPhoneも7Plusからデュアルカメラを採用していますが、7Plusが広角レンズと望遠レンズの二刀流で光学ズームを可能にするというアプローチを取ったのに対し、HuaweiはRGBセンサーとモノクロセンサーを二刀流することで画質の向上を図りました。

イカブランドの名前を借りたこともあってこの戦略は成功、以降デュアルカメラはHuaweiお家芸となります。

Huawei P9』は国内でも発売されたものの、SIMフリー市場がまだまだ小さかったため認知度は低めです。

 

f:id:lutenist314:20180922164020p:plain
f:id:lutenist314:20180922164126j:plain
GalaxyS7edge/Xperia X Performance

国内キャリアではこのような端末が見られました。

今でも大切に使っている人をそこそこ見かける端末ではありますが、既にデュアルカメラというトレンドには乗り遅れている感もあります。

 

順位 メーカー シェア
1 Samsung(韓) 22.8
2 Apple(米) 15.3
3 Huawei(中) 9.6
4 OPPO(中) 7.2
5 vivo(中) 6
6 LG(韓) 5.5
7 Xiaomi(中) 3.7
8 Lenovo(中) 3.7
9 TCL(中) 3.7
10 ZTE(中) 3.5
その他 18.9

https://tech.nikkeibp.co.jp/dm/atcl/column/15/011300091/020100026/

 

2016年の世界スマホシェアはこのような形です。

HTC、SONYといった日本人に割と親しみのあるメーカーは「その他」入りを果たしています。

特にSONYは世界市場での没落ぶりが著しく、2016年の出荷台数がおよそ1510万台で、世界のスマホ出荷台数が13億6000万台なので、世界シェアは僅か1%ほど。

それでもXperiaの国内シェアはこの年15%あったので、既に日本のガラパゴスっぷりが浮き彫りになっています。

 

ちなみにこの年に私はiPhone5sからXperiaXPに機種変更しました。

理由は見た目が好きだったから。

 

 

2017年(前半) 世界は画面に包まれた

 

f:id:lutenist314:20180922170720p:plain

戦火にも包まれます。

2017年6月に発売された『GalaxyS8/S8+』は、縦長画面、ギリギリまで攻めた上下左右のベゼル幅により、当時圧倒的な画面比率を誇りました。

 

f:id:lutenist314:20180922171257j:plain

 

デュアルカメラのトレンドにこそ追従していないものの、Samsungの特徴だった前面指紋センサーを背面に追いやってまで得た画面の迫力は、(少なくとも業界関係者の)度肝を抜きます。

 

ただし、この『大画面』というキラーワードは、伏線無く唐突に現れたものではありません。

f:id:lutenist314:20180922172211j:plain

実は2016年の時点で、Xiaomiという中国のメーカーから『Xiaomi MI MIX』という端末が発表されていました。

「Xiaomiという」とか言っていますが、このあとめちゃくちゃ出てきます。

f:id:lutenist314:20180922172413j:plain

GalaxyS5/MI MIX/iPhone7Plus http://smaho-dictionary.net/special/xiaomi-mi-mix/

画面比率こそ16:9とスタンダードですが、インカメラや各種センサーを下側に集中させることで3辺ベゼルレスを実現したこのスタイルは、(流行りこそしなかったものの)時代を変えるきっかけになります。

ちなみに、見た目のインパクトだけでなく中身も当時最新のSoCと物理メモリ6GB(!)という、2018年現在でも一線級で使えるかもしれないギークな代物です。

 

f:id:lutenist314:20180922173101j:plain

『MI MIX』の登場を受けて…かは分かりませんが、続いて米Essentialから『Essential Phone PH-1』が登場します。

『MI MIX』を彷彿とさせる3辺ベゼルレスに加えて上部には「ノッチ」を設け、縦長画面を採用することで画面比率を高めています。

ミニマルな見た目と、ピュアに近いAndroidOS、そして価格の安さから人気を博し、なんと2018年になり国内MVNOから発売されることが決まるほどです。

 

このように既に蒔かれていたトレンドの萌芽を踏まえ、満を持して登場した『GalaxyS8』の完成度が高いのは、ある意味当然と言えます。

 

この先激動のスマートフォン市場はどのように変化を遂げるのか。

なんか長くなったので2017年後編に続きます。