怠惰なゆっくり

Oneplus6 Qualcomm CrashDumpModeからの復旧

f:id:lutenist314:20190105113400j:plain

 


Oneplus6はProjectTribleの対象機種なので、ROM焼きの手順が旧機種と異なります。

ちょっとミスるとこの『Qualcomm CrashDumpMode』にブチ込まれてしまうので、復旧方法をメモしておきます。

非常に簡単なので焦らずやっていきましょう。

 

準備

 

ここからfastboot ROMをダウンロードします(通常ROMとは異なります)。

バージョンはlatestにしておけば間違いありません。

ダウンロード出来たら解凍して、PCのCドライブ直下に解凍したフォルダを配置して下さい(どこに置いても良いんですが、フォルダのパス名に日本語が入っていると上手くいかないので、直下をおすすめします)。

 

作業手順

 

1.とにもかくにも、fastbootモードに入る必要があります。

電源ボタンとボリュームボタン下を長押しして下さい。

もしくは、adb環境を構築したPCと接続して、 adb reboot boot loader で入れます。

 

2.fastbootモードに入れたらPCと接続し、先ほど解凍したフォルダの『flash-all.bat』を起動します。

 

f:id:lutenist314:20190105111952j:plain

batファイルが起動し、しばらく待てば再起動まで全て自動でやってくれます。

もし上手くbatファイルが動かない場合は、フォルダのパスに日本語が含まれていないか確認してみて下さい。

 

 

なお、データはinternal storageを含め完全に消えます。

ROM焼きの際は手順とバックアップの確認をしっかりしましょう。