怠惰なゆっくり

GWENT : パッチ5.1を読み解く 前半(ニュートラル・モンスター・スケリッジ)

いつも通り唐突に来ました、アップデートパッチ。

今回はエラッタがいつにも増して膨大にあり、状態ニルフガードと調和スコイア=テル、兵器北方諸国辺りに固定化された環境をどうにかしようとCD Projektが苦心した様子が伺えます。

 

とはいえ、余りにもエラッタが多すぎるので、勢力ごとに確認し、運営がどのような変更を意図しているのか何となく見ていきましょう。


私のコメントは素人の戯言なので、適当に読んでください。

 

後半はこちら

nerrorist.hatenablog.jp

 

ニュートラ

 

f:id:lutenist314:20200204214547p:plain

ちょっと見切れました。

 

・以下に「脚本」カテゴリーを追加:
《包囲攻撃》《幽霊》《仮面舞踏会》《ゲディニース》《死んだふり》《パシフローラ》

”幽霊”はたぶん”ハウント”(モンスターのシナリオ)でしょう。


・《アドレナリン分泌》のアビリティを以下に変更:
「同列に他のユニットがいない自軍ユニット1体に8ブーストを与える。」
・《アドレナリン分泌》の構築コストを8から5に変更"

"8コスト: ユニット1体に継戦を与えるか、取り除く。"

が完全に別物になりました。


・《疫病》のアビリティを以下に変更:
「構築コスト4のユニット1体を破壊する。」

"9コスト:全ての最低戦力値ユニットを破壊する。”

ユニット横並び対策だった疫病が大幅ナーフ


・《カラスの眼》のアビリティを以下に変更:
「自軍ユニット1体を浄化させ、3ブーストを与える。」

"4コスト: ブロンズユニット1体の遺言アビリティを実行させる。”

が別物に。


・《おとり》の「戦術」カテゴリーを削除
・《おとり》の構築コストを7から6に変更

"7コスト:戦場にある自軍ユニット1体をデッキの無作為な場所に戻した後、自軍デッキの一番上にあるユニット1体をプレイする。"


・《レイデヤ》の構築コストボーナスを10から12に変更

ハイランダー弱体化。


・《オルギエルド:不死者》の構築コストを10から9に変更

理由は……私には分かりません。


・《竜の夢》の構築コストを12から11に変更

みんな、使ってね!


・《アヴァラック》の戦力値を4から3に変更

スケリッジ、同化ニルフ等に採用されていたパワーカードも弱体化。


・《ドゥードゥー》の構築コストを10から8に変更

理由は…分かりません。


・《ジョニー》の戦力値を3から4に変更

そんなに遺存種好き?

世話人ばっか使って悪かったって。


・《サラ》の戦力値を3から4に変更

みんなも世話人ばっか使ってごめんなさいって言おう。


・《旅商人》の戦力値を3から4に変更

今後、理由がわからないのは飛ばしていいですか?


・《スケリッジの嵐》の構築コストを8から7に変更

竜の夢といい、これ系で横並びに対策して欲しいらしい。


・《ベッカーの地滑り》の構築コストを9から8に変更
・《ヴォールのドラガラ》の構築コストを8から7に変更
・《ギンピー・ガーウィン》の構築コストを8から7に変更
・《トリカブト》の構築コストを9から8に変更
・《湖の女神》の戦力値を5から6に変更
・《漁夫王》の戦力値を4から5に変更
・《岩なだれ》の構築コストを6から5に変更
・《雪解け》の構築コストを5から4に変更

列効果が増えたらこれを使おう!ということらしい。

念の為テキストを添付しておきます。もちろん、皆さん覚えてますでしょうがね。

"自陣にある全ての列効果を取り除き、自軍ユニット1体に4ブーストを与える。取り除かれた列効果1つにつき、ブースト量を1減らす。"


・《ゴウンター・オーディム》の構築コストを12から10に変更

これは面白いですね。

サヴォラのフライテナー等、破滅をネイティブで持っているユニットを見る機会が多かったので10コストなら採用するデッキもあるかもしれません。

でも命令で確定除去かあ…。毒でいいや。


・《メリゴールドの雹嵐》の構築コストを10から9に変更

新横並び対策。

"敵軍ユニット5体に2ずつダメージを与える。"


・《指揮官の角笛》の構築コストを10から9に変更
・《ニヴェレン》の戦力値を4から5に変更
・《カールドウェル伯爵》の構築コストを8から7に変更
・《マラアル》の構築コストを9から10に変更

状態ニルフガード及び同系の毒を使うデッキが弱体化。

シンジケートでも採用されていることがあったので影響が出そうです。


・《キングコブラ》の構築コストを4から5に変更

状態ニルフガードはおしまいです。

 

所感

何というか、今使われているメジャーな除去を置き換えていきたいっぽいです。

列効果押しな感じですが…上手くいくかどうか。

名前を見てもさっぱりなカードの多いこと多いこと。

 

 

モンスター編

 

f:id:lutenist314:20200204222758p:plain

 

・《イムレリス》のアビリティを以下に変更:
「配備:自軍ユニット1体の戦力値を7に変える。
支配:代わりにユニット1体の戦力値を7に変える。」
・《イムレリス》の戦力値を5から7に変更
・《イムレリス》の構築コストを8から12に変更

”パワー8/8コスト:命令(近接):ユニット1体に1ダメージを与える。(クールダウン:1)
支配:代わりに2ダメージを与える。”

別カードになりました。

フィニッシャーというには微妙ですが、採用の可能性を感じます。


・《イムレリスの憤怒》のアビリティを以下に変更:
「自軍最高戦力値ユニットの戦力値に等しいダメージを敵軍ユニット1体に与える。
自陣に《イムレリス》がある場合、代わりに敵軍ユニットを破壊する。」

”8コスト:自軍最高戦力値ユニットの戦力値に等しいダメージを敵軍ユニット1体に与える。”

イムレリスシナジーになりました。

遊戯王の必殺魔法みたいでかっこいいですね。


・《幽霊》のアビリティテキストが「遺言」ユニットを正しく言及するよう修正
・《幽霊》の構築コストを14から13に変更"

上述の通り、恐らくモンスターの脚本”ハウント”の話だと思われます。


・《ペニテント》がユニットを「召喚」する場所を言及するよう修正
・《カランシール》が同名カードを正しく言及するよう修正
・《ニスラル》のアビリティを以下に変更:
「命令(近接):ユニット1体に1ダメージを与える。
支配:代わりにユニット1体に2ダメージを与える。 (クールダウン:1)」
・《ニスラル》の構築コストを6から8に変更

”パワー6/コスト6:配備:敵軍アーティファクト1個を破壊する。
支配:さらに両隣の敵軍ユニットに2ずつダメージを与える。”

アーティファクト対策として使われたり、使われなかったり、使われなかったりしたカードが別物になりました。

ていうかこれ、まんま旧イムレリスやんけ。


・《ワイルドハントの猟犬》のアビリティを以下に変更:
「支配:自軍ターン終了時、1ブーストを得る。」

”パワー3/コスト5:配備:敵軍ユニット1体に1ダメージを与える。
支配:代わりに3ダメージを与える。”


・《女トロール》のアビリティを以下に変更:
「近接:自軍ターン中にユニットが破壊されるたび、2ブーストを得る。」

多分、”ヴァージェンの女トロール”の話だと思います。

”パワー4/コスト9:近接:自軍ターン中に自軍ユニットが破壊されるたび、2ブーストを得る。”

結構強いかもしれません。


・《ワイルドハントの戦士》のアビリティを以下に変更:
「配備:敵軍ユニット1体に1ダメージを与える。
支配:代わりに3ダメージを与える。」
・《ワイルドハントの戦士》の構築コストを5から4に変更

”パワー3/コスト5:配備:自身を除く自軍「ワイルドハント」ユニット1体につき、敵軍ユニット1体に1ダメージを与える。”

これも旧猟犬そのものです。


・《アダ:ストリガ》のアビリティを以下に変更:
「配備:敵軍ユニット1体に2ダメージを与える。
支配:代わりに4ダメージを与える。」

・《アダ:ストリガ》の戦力値を3から5に変更
・《アダ:ストリガ》の構築コストを8から7に変更

”パワー3/コスト8:配備(支配):敵軍ユニット1体に5ダメージを与える。”

腐りにくく、丸い性能に。


・《ケルトゥリス》の構築コストを12から13に変更

ケルトゥリスはユニットを入れない極悪モンスターで使用されていたので微ナーフでしょうか。


・《ウィスペス》の戦力値を4から5に変更

”パワー4/コスト8:配備:敵軍ユニット1体に2ダメージを与える。
あなたが「妖婆」ユニットをプレイするたび、このダメージ量を2増やす。”

なんで?

 

 

所感

すんません、私にはよく分かりません。

元々旧環境ではモンスターが少なかったので、全体的に底上げという形でしょうか。

ケルトゥリスの弱体化でノーユニットも減り、捕食モンスター辺りが増えるだろう、という調整な気がします。

たぶん。

 

 

スケリッジ

 

f:id:lutenist314:20200204225035p:plain

 あー、多い…………。

面倒になってきたので、ユニットカードの能力を簡易にさせてもらいます。

 

・《風切連撃》のアビリティがアーマーを無視するよう変更

アリーナで猛威を奮いそうな気がします。


・《海イノシシ号》のアビリティを以下に変更:
「配備(近接):ダメージを受けている全てのユニットに1ずつダメージを与えた後、全ての敵軍ユニットに1ずつダメージを与える。」
構築コストを10から11に変更

”4/10 配備(近接):ダメージを負っている全ての敵軍ユニットに2ずつダメージを与える。”

狂騒の正統派(?)スケリッジを後押しする性能に。


・《ブロクヴァルの狩人》のアビリティを以下に変更:
「命令:ユニット1体にダメージを与える。 (クールダウン:2)
あなたがカード1枚を破棄するたび、クールダウンを1ずつ減らす。」

”4/5 命令:ユニット1体に1ダメージを与える。(チャージ:1)
あなたがカードを破棄するたび、1チャージを得る。”

破棄スケリッジを後押し。


・《獰猛な熊》がダメージの代わりに出血を与えるよう変更

”4/4 【勇躍】
配備:自軍墓地にある《獰猛な熊》1体につき、1チャージを得る。
命令:ユニット1体に1ダメージを与える。(チャージ:1)”

アーマー貫通を目論んでいるんでしょうか。

狂騒強化になりそうですが、元が弱すぎる。


・《ディムンの海賊長》のアビリティを以下に変更:
「配備:敵軍ユニット1体に1ダメージを与える。
狂騒(2):代わりに3ダメージを与える。」

”3/4 配備(狂騒(2)):敵軍ユニット1体に3ダメージを与える。”


・《アン・クライトの鯨波兵》のアビリティを以下に変更:
「狂騒(1):自ターン終了時、1ブーストを得る。」

”3/5 配備:敵軍ユニット1体が負っているダメージ量に等しいブーストを得る。"


・《巨大猪》のアビリティを以下に変更:
「配備(近接):ダメージを受けているユニット1体につき1ブーストを得る。
配備(間接):ダメージを受けている敵軍ユニット数に等しいブーストを得る。」

”4/7 配備(近接):ダメージを負っているユニット1体につき、1ブーストを得る。"

…うん?

これ、実際に置いてみないとアレですけど、間接列に置くメリットはあるんでしょうかね?

もし覚えていたらあとでアップデートします。


・《ヘイマイの巫女長》のツールチップを以下に変更:
「自軍ターン終了時、配置列にある自身を除く全てのユニットを1ずつ回復させる。」

単なる表現の変更っぽい。


・《ヘイマイの吟遊詩人》のアビリティを以下に変更:
「カード1枚を引いた後、カード1枚を破棄する」

”配備:カード1枚を破棄した後、カード1枚を引く。”

純粋に強化です。

シンジケートとかが持っている手札入れ替えと同様の順番になりました。


・《スヒャール》のアビリティを以下に変更:
「狂戦士(5):自身を破壊する。」
・《スヒャール》の戦力値を5から10に変更。
・《スヒャール》の構築コストを8から7に変更

”5/8 配備:ダメージを受けていない敵軍ユニットに3ダメージを与える。”

スヒャールが別のカードになっちゃった!


・《ヘイマイの薬草師》のツールチップ上の記載(「させた後」を「させ」)に変更
・《鋼の盟約》のアーマーを0から2に変更

”7/9 【守護者】
狂戦士(6):自軍ターン終了時、1アーマーを得る。”

ニルフガードの例の守護者と大体同水準になりました。


・《コーラル》の戦力値を4から5に変更

確認用に「旧」テキストを置いておきます。

”4/8 【勇躍】
命令:カード1枚を破棄した後、カード1枚を引く。
あなたがスペシャルカードを破棄するたび、敵軍ユニット1体を無作為に選んで2ダメージを与える。


・《ビルナ・ブラン》の構築コストを10から8に変更

”5/10 配備:カード2枚を引いた後、カード2枚を破棄する。”


・《シグヴァルド》の戦力値を5から6に変更

”5/8 命令(近接):ユニット1体に1ダメージを与える。(クールダウン:1)
狂戦士(4):代わりに2ダメージを与える。”


・《ブルーボーイ・ルゴス》の構築コストを8から7に変更

”4/8 このユニットはダメージを負うたび、敵軍ユニット1体を無作為に選んで2ダメージを与える。”


・《リッピー》の戦力値を2から4に変更

”2/10 配備(間接):自軍墓地と自軍デッキを入れ替える。”


・《モークヴァーグ》の構築コストを9から8に変更

”5/9 このユニットはラウンド中に墓地に移動した場合、近接列に召喚され、破滅を得る。”


・《献身的犠牲》の構築コストボーナスを15から16に変更
・《ドナール・アン・ヒンダー》の構築コストを8から7に変更

”5/8 配備:敵軍ユニット1体に2ダメージを与える。
狂騒(2):代わりに4ダメージを与える。”

 

 

所感

現環境でスケリッジと言えばシナリオを絡めたドルイド軸くらいしか見かけなかったので、割と面白い調整だと思います。

シナリオスケリッジが弱体化されたわけでもないのがいいですね。

 

 

後半↓

nerrorist.hatenablog.jp